メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

1996年1月「オウム真理教解散請求」最高裁決定 「信教の自由」は絶対か

オウム真理教による一連の事件で1995年5月、逮捕された教祖の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚。教団への解散命令を巡る裁判では、信教の自由のあり方が問われた=写真は95年9月8日、勾留理由開示手続きを終えて東京地裁を出る松本死刑囚

 <くらしナビ おとなへステップ>

 特定の宗教を信じ、または信じない自由については、多くの国々で保障されています。日本でも憲法20条で「信教の自由は何人に対しても保障する」と規定しており、こうした内心の自由を侵(おか)すことは絶対的に許されないと解されます。

 20条には、礼拝など宗教的行(こう)為(い)を行う自由や、宗教団体を結成する自由も含(ふく)まれています。こうした信(しん)仰(こう)が外部に向けて表示されている場合は「公共の福(ふく)祉(し)に反しない限り」との制約を受けるとされています。

 信教の自由のあり方が争われた裁判では、オウム真理教への解散命令の可否が問われたケースが有名です。無…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです