メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

脳に薬運ぶ「ナノマシン」 アルツハイマーなど治療に期待

 ナノ(ナノは10億分の1)サイズの薬を体内の狙った場所に運び、病気を退治する--。こんなSFのような技術が実現しつつある。異物を阻む脳内へ薬を届け、病気の治療を目指す「ナノマシン」技術の開発が進んでいる。ナノテクの最新事情は?【須田桃子】

 ●異物を阻む「関門」

 脳内に張り巡らされた血管の内側の表面には血管内皮細胞の層があり、ウイルスや細菌などの異物をブロックする「血液脳関門」という機能がある。このおかげで脳内の環境が一定に保たれ、神経細胞が正常に活動できる。

 しかし全ての物質を遮断するわけではない。脳の活動に必要な酸素やブドウ糖などのほか、睡眠薬や抗うつ薬…

この記事は有料記事です。

残り1438文字(全文1720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです