メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

脳に薬運ぶ「ナノマシン」 アルツハイマーなど治療に期待

 ナノ(ナノは10億分の1)サイズの薬を体内の狙った場所に運び、病気を退治する--。こんなSFのような技術が実現しつつある。異物を阻む脳内へ薬を届け、病気の治療を目指す「ナノマシン」技術の開発が進んでいる。ナノテクの最新事情は?【須田桃子】

 ●異物を阻む「関門」

 脳内に張り巡らされた血管の内側の表面には血管内皮細胞の層があり、ウイルスや細菌などの異物をブロックする「血液脳関門」という機能がある。このおかげで脳内の環境が一定に保たれ、神経細胞が正常に活動できる。

 しかし全ての物質を遮断するわけではない。脳の活動に必要な酸素やブドウ糖などのほか、睡眠薬や抗うつ薬…

この記事は有料記事です。

残り1438文字(全文1720文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 総合庁舎の建設費2倍? 不足分新設と比べ
  2. ヤマト 法人引っ越し過大請求4.8万件 総額17億円
  3. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  4. ORICON NEWS 御大・富野由悠季が“脱ガンダム”にこだわる理由「作り手は安心したら最後」
  5. ORICON NEWS 神谷明、29日の巨人×広島戦で場内アナウンス「冴羽リョウとして盛り上げる」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです