メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

脳に薬運ぶ「ナノマシン」 アルツハイマーなど治療に期待

 ナノ(ナノは10億分の1)サイズの薬を体内の狙った場所に運び、病気を退治する--。こんなSFのような技術が実現しつつある。異物を阻む脳内へ薬を届け、病気の治療を目指す「ナノマシン」技術の開発が進んでいる。ナノテクの最新事情は?【須田桃子】

 ●異物を阻む「関門」

 脳内に張り巡らされた血管の内側の表面には血管内皮細胞の層があり、ウイルスや細菌などの異物をブロックする「血液脳関門」という機能がある。このおかげで脳内の環境が一定に保たれ、神経細胞が正常に活動できる。

 しかし全ての物質を遮断するわけではない。脳の活動に必要な酸素やブドウ糖などのほか、睡眠薬や抗うつ薬など分子量が小さい薬、アルコールやニコチンなど一部の物質も通過できる。

この記事は有料記事です。

残り1403文字(全文1720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  3. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  4. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです