メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

愛知でもヘルプマーク 分かりにくい障害に配慮を 県が導入方針

普及が進むヘルプマーク

 愛知県の大村秀章知事は6日、義足など見た目では分かりにくい障害や重い病気を持つ人への配慮や理解を周囲に求める「ヘルプマーク」を早期に導入する方針を、議会答弁で明らかにした。傍聴した血液中の赤血球などが減る難病「骨髄異形成症候群(MDS)」を抱える小崎麻莉絵さん(34)=三重県四日市市=は「当事者にとっては切実で、配布が開始されるのは非常に大きい」と語った。

 県議会一般質問で大村知事は、援助を必要としていることが外見からは分かりにくい人たちが周囲から援助を受けやすくなる有効な手段とした上で、「市町村と連携して、できるだけ早く導入していきたいと考えている」と答弁した。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです