メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字毎日

視覚障害者囲碁大会 弱視ろうの2人も 130人が8クラスで対局

 第20回全国視覚障害者囲碁記念大会(日本視覚障害囲碁普及会主催)が先月12日、大阪府東大阪市の大阪商業大で開かれた。対局には縦横各9列ある特製の囲碁盤を使用。近畿からの参加者を中心に約130人が8クラスに分かれて対局した。今年は大阪在住の盲ろう男性2人が初出場。手話通訳者の手を触って手話を読み取る方法でサポートを受けながら、…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]