エルサレム首都認定

パレスチナ議長、トランプ氏を非難

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
エルサレムをイスラエルの首都と認定すると宣誓した後、関連文書を掲げるトランプ大統領(左)。ペンス副大統領も同席した=ホワイトハウスで6日、ロイター
エルサレムをイスラエルの首都と認定すると宣誓した後、関連文書を掲げるトランプ大統領(左)。ペンス副大統領も同席した=ホワイトハウスで6日、ロイター

 【エルサレム高橋宗男】パレスチナ自治政府のアッバス議長は6日、地元テレビの録画演説で、エルサレムをイスラエルの首都と認めるトランプ米大統領の決定に対し「エルサレムはパレスチナ国家の永遠の首都である」と反発した。アッバス氏はさらに「和平仲介の役割を放棄するに等しい」とトランプ氏を非難した。

 一方、イスラエル政府は6日、「我々はト…

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文327文字)

あわせて読みたい

注目の特集