メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

異種武道大会

なぎなた女子、剣道男子を降す 香川

「すね」を狙ったなぎなた部員(右)の攻撃をジャンプしてかわす剣道部員=香川県琴平町の県立琴平高校で2017年12月6日、潟見雄大撮影

 香川県琴平町の県立琴平高校(中西公子校長)で6日、いずれも強豪のなぎなた部と剣道部による「異種武道大会」があった。恒例となった異種対決に、全校生徒や保護者らから歓声が上がり、盛り上がった。10回目となる大会は昨年まで4連敗していたなぎなた部が制し、通算成績を6勝4敗とした。

 大会は6人制の団体戦。剣道にはない「すね」は可能としたため、剣道部員はすね部分を守る防具を着けて試合に臨んだ。また、高校の剣道で認められている「…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尼崎脱線 顔を20回以上手術 犬が支え「あきらめない」
  2. はしか 流行、沖縄厳戒「乳児や未接種妊婦、来県延期を」
  3. 観光 「3歩で回れる3県境」整備 埼玉、栃木、群馬
  4. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
  5. 森友学園 国有地売却問題 佐川氏「役所守るため」 文書改ざんを事前了承 検察に供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]