メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恐竜化石

水鳥に似た新種 モンゴルで7500万年前地層

水鳥のような形態を持つ新種の恐竜「ハルシュカラプトル・エスクイリエイ」の復元予想図=ルーカス・パンザリン氏提供

 モンゴルの白亜紀後期(約7500万~7100万年前)の地層から、水鳥のような形態を持つ新種の恐竜の化石が見つかったと、イタリアなどのチームが7日、英科学誌ネイチャーに発表した。白鳥のように曲がった長い首と、ひれ状の前肢が特徴。陸上ではカモのように二足歩行し、水中では前肢を使って泳ぐなど、水陸両方で生活していたとみられる。

 チームなどによると、この恐竜は体長が推定約70センチ。首が頭から腰までの半分を占めるほど長く、魚を食べるのに適した小さな歯が数多く生え、前肢がひれのような形だった。こうした特徴を持つ恐竜はこれまで見つかっていなかったといい、この恐竜を「ハルシュカラプトル・エスクイリエイ」と命名した。

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 新型コロナに無為無策の菅政権 全額国費で「面の検査」「社会的検査」を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです