メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

覚醒剤事件

ナイジェリア男性2人に無罪判決 東京地裁

 覚醒剤入りのバッグを国内に持ち込んだとして、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などに問われたナイジェリア国籍の男性2人の裁判員裁判で、東京地裁(家令和典裁判長)は7日、無罪(いずれも求刑・懲役15年、罰金800万円)の判決を言い渡した。

 2人は2014年12月、覚醒剤約4000グラム入りのキャリーバッグ1個が香港から羽田空港に持ち込まれた事件で、荷物の回収役を引き受けたとして逮捕、起訴された。

 判決は、共犯者らが連絡を取り合った状況から、2人が共犯者が手配した回収役と同じ人物とは言い切れないと指摘。また「仮に回収役を引き受けていたとしても、中身を違法薬物と認識していたとは認められない」と結論付けた。【石山絵歩】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・あわら市長 「キス相手」を告訴へ 恐喝未遂容疑で
  2. 東シナ海 中国軍機が日韓防空圏進入 韓国空軍、緊急発進
  3. フィギュア 羽生結弦が全日本選手権を欠場 連盟が発表
  4. 訃報 丸本義直さん55歳=進和常務
  5. リニア不正受注 大手ゼネコン一斉捜索へ 大林以外3社も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]