メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落下傘爆弾

熊本で確認 「南九州上陸」へ多用か

熊本市で見つかった不発弾=城島勇人撮影

 熊本市東区で7月、パラシュート付きの不発弾が見つかり、その後の調査で終戦直前に米軍により投下されたものと分かった。研究者の間では、米軍撮影の写真から鹿児島県の複数の都市にパラシュート付き爆弾が投下されたことが知られていたが、熊本県内でも見つかったことで「米軍がパラシュート爆弾を九州中南部で多用していた可能性が高まった」と指摘する。12月8日で太平洋戦争開戦から76年。空襲の実態は今も解明途上にある。

 不発弾は7月24日、下水道工事中に地下1.6メートルで見つかった。「M76」と呼ばれる大型焼夷(し…

この記事は有料記事です。

残り936文字(全文1188文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです