メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグ

大谷争奪戦、マリナーズなどが契約金枠増額

日本ハムの大谷翔平選手=共同

 ポスティングシステムによる米大リーグ移籍を目指すプロ野球日本ハムの大谷翔平(23)と交渉したマリナーズ、エンゼルスが6日、ともにツインズとトレードし、25歳未満のドラフト対象外の外国人選手に使える契約金の枠を100万ドル(約1億1000万円)増やした。争奪戦で優位に立つことを狙ったもよう。

     AP通信によると、マリナーズは255万7500ドル、エンゼルスは231万5000ドルとした。大谷と交渉中の7球団ではレンジャーズが最高の353万5000ドルでジャイアンツ、ドジャース、カブス、パドレスが30万ドルとされる。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. フィギュア 羽生結弦が全日本選手権を欠場 連盟が発表
    2. 九頭竜湖事件 44歳被告に無期懲役判決 名古屋地裁
    3. 九頭竜湖事件 被告に2審も無期判決 女性殺害、傷害致死
    4. 本社来訪 臨時編集長くまモン シャンシャンの写真選ぶ
    5. フィギュアスケート 羽生「腱と骨にも炎症」コメント追加

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]