JR東海

新幹線の神鋼製部品1110個交換へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR東海の柘植康英社長=林奈緒美撮影
JR東海の柘植康英社長=林奈緒美撮影

 JR東海とJR西日本は6日、品質検査データが改ざんされた神戸製鋼所のアルミ製品が新幹線車両に使われていた問題を受け、車軸関連の部品2種類をそれぞれ来年2月から順次、交換することを明らかにした。安全上の問題はないが、両社が求める強度基準を満たしていないため。

 交換対象の部品はJR東海が計約1110個…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

あわせて読みたい

注目の特集