補正予算案

2.7兆円規模 建設国債1.2兆円追加発行

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 政府は6日、2017年度補正予算案の歳出規模を約2.7兆円とする方針を固めた。財源として、建設国債約1.2兆円を追加発行する。減災・防災対策を主とした公共事業や、待機児童解消に向けた保育所整備、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)発効をにらんだ農業対策が柱。18年度予算案とともに今月22日に閣議決定する。

 補正予算の財源は、国債利払い費が低金利で想定より浮いた分など約1.2兆円を活用。また、公共事業などに使い道を限定する建設国債を約1.2兆円追加で発行する。残りは、16年度決算の剰余金などで賄う。赤字国債の発行は回避するが、建設国債の追加発行で国の借金は膨らむ。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文557文字)

あわせて読みたい

ニュース特集