パナソニック

PC電池14万個を回収 発火事故で拡大 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 パナソニックは6日、国内で販売したノートパソコン「レッツノート」のバッテリーパックで発火事故が相次いだとして、計14万2019個を新たに無料回収し交換すると発表した。2014年から計3回、同じ理由で国内販売の約22万7000個を対象にリコールを実施してきたが、対象がさらに拡大した。

 今回のリコール対象は12年2月~14年2月に製造したバッテリーパックで、品番は「CF-VZSU」で始まる「75JS」「76JS」「78JS」「79JS」…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

あわせて読みたい

注目の特集