メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府警

「オーナー」少女経営の「ガールズバー」摘発

3人を労働基準法違反容疑などで逮捕

 大阪府警は6日、中高生を含む府内の少女らが店長や副店長として実質運営する大阪・京橋のガールズバーの関係者を逮捕したと発表した。15歳未満の女子中学生を働かせたとして、大阪市都島区片町1、無職、松田朋也容疑者(32)、「オーナー」と呼ばれていた無職少女(16)、副店長の高校1年の少女(16)の3人を労働基準法違反と児童福祉法違反の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は9月上旬、都島区東野田町3のガールズバー「ひまわり」(10月に閉店)で、当時13歳だった中学2年の少女を雇い、男性客に酒の提供をさせたとしている。少年課によると、店は昨年11月に開店し、売上金の管理などを担当する「オーナー」の少女の下に店長として15歳の中学生と18歳の少女がいた。当時少なくとも13~16歳の少女6人が働いていたという。

 松田容疑者は店側から経費として月約90万円を受け取っていたみられ、「運転手で送迎をしていただけ」と容疑を否認。2人の少女は認めたという。【戸上文恵】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ストーリー 野党第1党、枝野氏の戦い(その1) 目指した議席は「20」
  2. 北朝鮮 金正恩氏、暗殺恐れ専用車乗らず レクサス搭乗か
  3. 北朝鮮船 船員逮捕 激しい抵抗、緊迫の港 
  4. 名古屋 高層ビル群に虹のアーチ 
  5. 民進 解党検討 大塚代表、12日に提案へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]