メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アイスホッケー

「必ずメダル獲得」女子代表発表

記者会見する女子アイスホッケー日本代表の山中武司監督(中央)と選手ら=東京都港区で2017年12月6日午後3時29分、根岸基弘撮影

 日本アイスホッケー連盟は6日、来年2月の平昌五輪の女子日本代表の23人を発表した。東京都内で記者会見した山中武司監督は、「日本女子のベストチームと自信を持っている。必ずメダル獲得を成し遂げたい」と抱負を述べた。日本代表は7日からフィンランド遠征に出発し、世界ランキング3位の同国など4カ国と強化試合を行う。

     主将は、2014年ソチ五輪から2大会連続で代表入りとなった25歳のFW大沢ちほ(道路建設ペリグリン)が務める。大沢は「五輪メンバーが決まり、いよいよだと感じている。(5戦全敗に終わった)ソチでの悔しさを胸に全員で頑張ってきた」と感慨深げに話し、「たくさんの方々に支えていただいたことへの感謝を胸に、全員ですべてをぶつけたい」と力を込めた。

     世界ランキング9位の日本は1次リーグB組で、5位のスウェーデン、6位のスイス、22位の韓国と対戦する。【平本泰章】

     平昌五輪のアイスホッケー女子日本代表は次の通り。

     GK 藤本那菜(28)=ボルテックス札幌、近藤真衣(25)=御影グレッズ、小西あかね(22)=西武

     DF 小池詩織(24)細山田茜(25)=以上道路建設ペリグリン、床亜矢可(23)鈴木世奈(26)=以上西武、堀珠花(25)=トヨタシグナス、竹内愛奈(26)=ダイシン、志賀葵(18)=帯広レディース

     FW 米山知奈(26)大沢ちほ(25)高涼風(21)=以上道路建設ペリグリン、足立友里恵(32)床秦留可(20)久保英恵(34)岩原知美(29)中村亜実(30)=以上西武、藤本もえこ(25)獅子内美帆(25)=以上トヨタシグナス、浮田留衣(21)寺島奈穂(24)=以上ダイシン、小野粧子(36)=御影グレッズ

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 台湾地震募金デマ 軽はずみで投稿炎上 個人情報も暴かれ
    2. 台湾地震募金デマ 募金「届かぬ」拡散6万 投稿男性仰天
    3. 台湾地震募金デマ 投稿男性との一問一答
    4. ネットウオッチ 地震募金「台湾に届かぬ」(その1) デマ拡散6万回 投稿の男性、仰天
    5. 福岡地裁 わいせつ行為元警部補 公判で証人「やり過ぎ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]