メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

文化 羽生さんが永世7冠 7期目竜王になり史上初

7冠達成の推移

 将棋しょうぎ羽生善治はぶよしはるさん(47)が5いつか永世称号えいせいしょうごう制度せいどがある7タイトルせんすべてで永世資格えいせいしかく史上初しじょうはつの「永世えいせいかん」を達成たっせいしました。4よっかから鹿児島県かごしまけん指宿いぶすきであっただい30期竜王戦七番勝負きりゅうおうせんななばんしょうぶだいきょく渡辺明竜王わたなべあきらりゅうおう(33)にち、4しょうぱいで15ぶり通算つうさん期目きめ竜王りゅうおうとなって永世竜王えいせいりゅうおう資格しかくたためです。

     羽生はぶさんは「まだ実感じっかんいてきません」とはなしつつ「もしかしたら最後さいごのチャンスかもしれないという気持きもちだった」とかたりました。

     永世称号えいせいしょうごう制度せいどがある7タイトルせんは、竜王りゅうおうのほかに名人めいじん王将おうしょう王位おうい王座おうざ棋王きおう棋聖きせいがあります。それぞれ条件じょうけんちがいますが、羽生はぶさんは1989ねんはじめてのタイトルとして竜王りゅうおう獲得かくとくして以来いらい28ねん棋士きしになってからは32ねん達成たっせいしました。96ねんには史上初しじょうはつの7冠全冠制覇かんぜんかんせいはたしています。

     羽生はぶさんは埼玉県出身さいたまけんしゅっしんで85ねん史上しじょう人目にんめ中学生棋士ちゅうがくせいきしとしてデビュー。チェスでも日本にっぽんトップクラスの実力じつりょくち、人工知能じんこうちのう(AI)への関心かんしんたかいことでられます。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米高校乱射 「モンスターと暮らしていたとは」寄宿先夫婦
    2. 厚労省 65歳以上も就労支援 生活困窮者に対応
    3. 高齢者 「一律65歳」見直し 政府、大綱改定で就労促進
    4. 西宮市 市長の辞職願に市議会が同意 「殺すぞ」暴言問題
    5. 平昌五輪 「ぼったくり宿」限定的「普段の倍、許容範囲」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]