メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

「自信がついた」2017年…井手口陽介、欧州挑戦に言及「少しでも早く行きたい」

情報提供:サッカーキング

井手口陽介が欧州挑戦への思いを明かした [写真]=Getty Images
 日本代表は7日、EAFF E-1サッカー選手権2017に向けてトレーニングを行った。海外組が不参加という状況で、継続して代表に選ばれてきたMF井手口陽介(ガンバ大阪)が先頭に立って行くことも考えられるが、本人は「そこは意識したことはない」とあくまで自然体だ。

 2017年は飛躍の一年だった。8月のワールドカップアジア最終予選オーストラリア戦では強烈なシュートを叩き込み、一躍時の人となった。井手口は「いろんな経験をさせてもらって、自分に自信がついてきた」と振り返った。

 元日本代表MF中田英寿氏と比較する声もあった21歳のMFは、噂されている欧州挑戦にも言及。「(ヨーロッパは)行けばいろんな刺激も貰えて成長できる場所だと思う。未来の話になるけど、少しでも早く行きたい」。ワールドカップイヤーの移籍は代表に影響もあるのでは、といった意見には「それは人の意見なので」ときっぱり。「自分の思ったことを貫き通してやっていければいい」と語った。

 初戦で戦う朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は「球際とかは激しく来る、全体でアグレッシブに戦う」印象だという。球際での激しさは井手口の得意とするところだろう。「そこは誰にも負けないという感覚でやっている」と自信を覗かせた。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からは縦に速い攻撃に加えてシュートや得点に絡むところも求められると明かし、「監督の求めてることを表現しつつ自分の持ち味を出していければ」とイメージを膨らませた。

 日本代表は9日に北朝鮮代表、12日に中国代表、16日に韓国代表と対戦する。

【関連記事】
●英2部の古豪リーズ、井手口陽介へ熱視線…移籍の障壁は労働許可証取得か
●新境地開拓なるか…トップ下起用の井手口陽介「どこでもこなせるように」
●中島翔哉に続け! ポルトガルに挑戦すべきJリーグの若手5選手とは?
【コラム】「まだまだ甘い」…中盤で孤軍奮闘の井手口陽介、敗戦を糧にさらなる成長誓う
【コラム】ヒデ、本田級のインパクト…21歳のダイナモ・井手口陽介が代表を変える?

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 白鵬宛てに脅迫文 「必ず殺す」巡業先に封書
  2. 今年の漢字 17年は「北」 清水寺で発表
  3. 北口・熊本市議 辞職勧告決議受け、進退について会見 議会閉会後に /熊本
  4. 北口熊本市議 4回目辞職勧告 過去にパワハラや不当要求
  5. 懲戒処分 2警官が後輩にキャバクラ代117万円強要

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]