メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

松原保監督「被ばく牛と生きる」 命と故郷を奪う国策の愚 殺処分指示との葛藤、福島の農家

「目を背けたくなるシーンもあるが、福島の現実を見てほしい」と語る松原保監督=大阪市淀川区のシアターセブンで、村瀬優子撮影

 「大切に育ててきた牛の命を奪うことはできない」--。東京電力福島第1原発事故の影響で、国から殺処分の指示が出た牛を生かし続ける畜産農家らを追ったドキュメンタリー映画「被ばく牛と生きる」が16日から大阪・第七芸術劇場で公開される。大阪市北区在住の松原保監督(58)が約4年半かけて被災地に通い、農家らの悲痛な思いを記録した。【村瀬優子】

 「タマミちゃん、ここにいたの」「エリちゃん、いい子ね」

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1114文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです