メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冬本番

今季一番の冷え込み/鳥インフルを警戒/閻魔大王すす払い /北海道

オオハクチョウの観察を楽しむ幼児たち=苫小牧市植苗のウトナイ湖で

さあ冬本番

 冬型の気圧配置の影響で、今季一番の冷え込みとなった道内各地。道北などを中心にまとまった雪も降り、例年より早く、冬が本格化している。

今季一番の冷え込み 10地点で氷点下20度以下

 冬型の気圧配置となった道内は7日、上空に真冬並みの寒気が流れ込み、道東やオホーツク地方を中心に最低気温が氷点下20度を下回り、今季一番の冷え込みとなった。道内全173観測地点中、今冬で最多の10地点で氷点下20度以下を記録した。

 札幌管区気象台は、寒気の影響で8日以降も冷え込みが続くとしている。各地の最低気温は、陸別町で氷点下23.8度、弟子屈町川湯で同22.2度、幕別町糠内で同21.6度、帯広市泉で同21.5度--などだった。

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1370文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  3. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  4. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  5. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです