メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美術展

青森滞在、アート着想 国内外6人の作品展示 10日まで /青森

ラーキー・ペスワニさんの作品「初まりの合図(無垢の経験)」(手前)=国際芸術センター青森で

 国内外のアーティストが青森県内に滞在しながら制作した作品を紹介する美術展「この現実のむこうに Here and Beyond」が、国際芸術センター青森(青森市合子沢)で開催されている。10日まで。

 同センターは毎春と秋にアーティストを呼び、創作の機会を提供している。今回は愛知県やシンガポール、フランスなどから男女6人が参加。9月中旬から1カ月半、各地に出かけて着想を得たり、材料を集めたりして作品を作り上げた。

 インド出身のラーキー・ペスワニさん(40)の作品の一つ「初まりの合図(無垢の経験)」は、青森市内の…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文749文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 多言語 母国語を大切に 日本の絵本から翻訳、ネット公開
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです