メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドン繁盛記

/28 ユニークな「音楽」/下 ジャンル越え融合 /東京

 <低く地を這(は)うような音、それが、たちどころに音階を駆け上がった。そして高いところ、眉の上と思われるぐらいの高さで、物憂げに歌った。青くゆったりとした風が吹いたように思った。(中略)さっと曲調を変えた。クラリネットが踊り始めた>

 2007年の太宰治賞を受賞した瀬川深の小説「mit Tuba(チューバはうたう)」。クラシックからチンドンまで大胆きわまりない「東西の音楽の混淆(こんこう)」を持ち味に、即興性の高いバンドのクラリネット奏者が登場する。モデルは国内外で活躍するミュージシャン、大熊ワタル(57)だ。

 広島県三原市出身。上智大在学中にパンクバンドに参加し、その後もシンセサイザーなどを駆使して前衛音楽…

この記事は有料記事です。

残り1312文字(全文1620文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 北海道知事選に夕張市長擁立で調整 自民

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです