メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドン繁盛記

/28 ユニークな「音楽」/下 ジャンル越え融合 /東京

 <低く地を這(は)うような音、それが、たちどころに音階を駆け上がった。そして高いところ、眉の上と思われるぐらいの高さで、物憂げに歌った。青くゆったりとした風が吹いたように思った。(中略)さっと曲調を変えた。クラリネットが踊り始めた>

 2007年の太宰治賞を受賞した瀬川深の小説「mit Tuba(チューバはうたう)」。クラシックからチンドンまで大胆きわまりない「東西の音楽の混淆(こんこう)」を持ち味に、即興性の高いバンドのクラリネット奏者が登場する。モデルは国内外で活躍するミュージシャン、大熊ワタル(57)だ。

 広島県三原市出身。上智大在学中にパンクバンドに参加し、その後もシンセサイザーなどを駆使して前衛音楽…

この記事は有料記事です。

残り1312文字(全文1620文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌中央署 自転車ひき逃げ容疑の大学生逮捕 小2被害
  2. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  3. かぼちゃの馬車 借金背負った多数のオーナー「なぜ破綻」
  4. 東京簡裁 菊池桃子さんストーカーで罰金30万円
  5. ウラから目線 野党って?=福本容子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]