メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
三重~る経済

活力あふれるベトナムとの交流=百五総合研究所・安岡優 /三重

 <三重(みえ)~る経済>

 中部5県の食材や伝統工芸品などをPRする事業で、11月中旬にベトナム南部のホーチミン市に1週間滞在した。同市は人口800万人のベトナム最大の商業都市で、市内及び近郊には巨大なイオンモールが3店舗あるほか、昨年は市中心部に高島屋がオープンした。

 かつては無数のバイクがひっきりなしに走るイメージが強かったが、最近は経済発展に伴い自動車の普及が著しく、渋滞にさらに拍車がかかっている。そのため夕方のラッシュ時などは、路上に収まらないバイクが次々と歩道を走り抜ける光景が見られる。

 この深刻な渋滞対策として、日本の大手ゼネコンなどを中心に都市鉄道の工事が進む。2020年開業予定の…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文917文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです