インフルエンザ

流行期入り 県が感染予防呼び掛け /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県薬務感染症対策課は7日、インフルエンザが県内で流行期に入ったと発表した。昨年より2週遅いが、例年より1~4週早いという。手洗いやうがい、ワクチン接種など感染の予防対策を呼び掛けている。

 今年第48週(11月27日~12月3日)のインフルエンザ患者報告数が、草津保健所管内で1医療機関当たり2・1人…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文259文字)

あわせて読みたい

ニュース特集