インフルエンザ

県内流行始まる 昨年より3週間早く /鳥取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は6日、今年のインフルエンザの流行が県内で始まったと発表した。昨シーズンの流行開始時期に比べ、3週間程度早い。特に西部で患者が増えており、県はワクチンの接種やこまめな手洗い、マスクの着用などを呼び掛けている。

 定点医療機関(29カ所)1カ所当たりの患者数が、第48週(11月27日~12月3日)に…

この記事は有料記事です。

残り61文字(全文211文字)

あわせて読みたい

注目の特集