メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

干支ラベル

広島女学院大生が考案、シンプルで華やか 新酒、きょうから限定発売 西條鶴醸造 /広島

「新酒・純米吟醸 干支ラベル」を手に笑顔を見せる田中美紅さん=東広島市西条本町の西條鶴醸造で、小山美砂撮影

 年末年始の食卓に、華やかな日本酒で「口福(こうふく)」を届けたい--。西條鶴醸造(東広島市西条本町)が8日から、「新酒・純米吟醸 干支ラベル」を限定発売する。広島女学院大3年、田中美紅さん(21)がラベルのデザインを考案。赤を基調に梅の花をあしらったもので、田中さんは「シンプルかつ華やかで、新春らしさを出した。若い方や女性に手にとってほしい」と話している。

 同大の地域と産学連携企画の一環。学内でデザインを公募し、14点の中から同社が選んだ。田中さんのデザインは来年の干支(えと)にちなみ、舞い落ちる梅の花びらを犬が鼻先でつつくイラストが描かれ、ボトル下部には贈り物にも使えるようリボンの絵柄を添えた。普段は日本酒になじみが薄いというが、「元旦に家族と一緒に飲みたい」と顔をほころばせた。

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです