バスケットボール

全国高校選手権 川内高男子バスケ部、必勝誓う 地元の“熱”支えに躍進 /鹿児島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
全国大会を前に練習を重ねる部員
全国大会を前に練習を重ねる部員

 薩摩川内市の県立川内高男子バスケットボール部が、23日に東京で開幕する第70回全国高校バスケットボール選手権大会に県代表として出場する。地方の進学校ながら、夏の全国高校総体はベスト8入りし、留学生を擁する強豪私立もいる中で躍進した。バスケ熱が高い地元で育った選手たちは、今大会も必勝を期す。【降旗英峰】

 同校バスケ部は、戦前の旧川内中時代に籠球(ろうきゅう)部として活動を始め、現在の国体に相当する明治神宮競技大会に出場した歴史がある。草創期の部員には、阪神大震災(1995年)からの復興に尽力した故笹山幸俊(かずとし)・元神戸市長がいる。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文736文字)

あわせて読みたい

注目の特集