メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第5部 JR東日本/12 高架下が交流拠点に

JR東小金井駅近くの高架下で開かれた「みんなの文化祭」でイベントを楽しむ親子連れら=東京都小金井市で11月3日、竹地広憲撮影

 首都圏沿線を多くの人が住みたがるブランド地域にして、人口減少時代にも客を確保する--。JR東日本がこんな思惑で沿線の高架下開発に力を入れている。駐車場や倉庫、古い飲み屋街など暗い印象だった高架下を、明るい地域の交流拠点に変え、沿線価値の向上を狙う。

 「天然酵母のパン、焼きたてのマフィン、熱々のおでん、どれもおいしそう」。JR中央線の東小金井駅近くの高架下施設「コミュニティステーション東小金井」で11月3日開かれた「家族の文化祭」には、沿線の親子連れら約3500人が参加。手作りグルメを頬張りながら、ライブ演奏や工作教室などを楽しんだ。幅15メートル、長さ約100メートルの細長い敷地に3年前に開業した同施設では毎年、春と秋に「文化祭」を開き、住民の貴重な交流の場となっている。

 コンテナを活用した同施設の店舗ゾーンでは、地元の革小物店や、こだわりの飲食店など五つが営業。経営者…

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1184文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです