メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「エルサレム首都」宣言 「挑発的だ」「再考を」 各国反応

トランプ米大統領のエルサレムをイスラエルの首都と認定する正式表明に対して、パレスチナ人の怒りが広がっている。パレスチナ自治区ガザでは7日、トランプ大統領やイスラエルのネタニヤフ首相のポスターを燃やして抗議する人々の姿があった=ロイター

 トランプ米大統領が6日(日本時間7日午前)、ホワイトハウスでエルサレムをイスラエルの首都に認定すると正式に表明したことを受けて、各国から批判や懸念の声が上がっている。

 イランのロウハニ大統領は6日、「挑発的で危険な動きだ」と非難した。トランプ大統領による正式表明に先立ち、トルコのエルドアン大統領との電話協議で述べた。タスニム通信などが伝えた。

 イランはイスラエルを「パレスチナの占領者」とみなし、国家として承認していない。

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです