メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒田・日銀総裁

変身? 「物価上昇」一辺倒から金融機関配慮 超低金利、弊害批判避ける

講演する黒田総裁=東京都千代田区で2017年12月7日、宮川裕章撮影

 日銀の黒田東彦総裁の最近の講演で、超低金利政策が金融機関の経営に与える影響に配慮した発言が目立っている。大規模金融緩和が4年半を超えてさらに長期化が見込まれる中、低姿勢を示すことで、副作用に対する国民世論の批判の高まりを避ける狙いもありそうだ。【坂井隆之、宮川裕章】

 「金融システムの安定は物価の安定と並ぶ日銀の重要な政策課題。できることは何でもやっていく」。7日の東京都内の講演で、黒田総裁は、2%の物価上昇目標達成一辺倒でなく、金融機関の経営にも目配りする姿勢を強調してみせた。

 黒田氏の発言の“変化”に注目が集まったきっかけは、11月13日のスイス・チューリヒでの講演だ。黒田…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

  5. 京都市、建物高さ規制緩和 丹波口駅西側20メートル→31メートルに /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです