メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぷらすアルファ

体罰と虐待、境界なし

九州場所の千秋楽、土俵上で頭を下げる日本相撲協会の八角理事長(中央)ら=福岡国際センターで11月26日、矢頭智剛撮影

 大相撲の元横綱・日馬富士(33)が後輩力士への暴行問題で引退した。角界に限らず、学校でも「指導」に名を借りた体罰が続発し、家庭では「しつけ」と称する児童虐待が後を絶たない。暴力容認論が社会に根強く残るのはなぜだろうか。

 ●角界は社会の縮図

 元横綱は引退記者会見で、後輩力士について「礼儀と礼節がなっていない。それを正し、直してあげるのは先輩としての義務と思って叱った」と述べ、頭をたたいたこと自体は謝罪しなかった。

 「指導のためなら暴力は仕方がないという相撲界の意識は、社会の意識にも通じる。元横綱一人の問題にしてはいけない」。13歳から相撲を見続けてきた作家の星野智幸さん(52)は、そう指摘する。大相撲の世界では、指導名目の暴力が「かわいがり」の名で横行してきた。近著「のこった もう、相撲ファンを引退しない」(ころから)で、愛してやまない相撲を含むスポーツ界が暴力に対して厳しい態度をとれば、社会にはびこる暴…

この記事は有料記事です。

残り2229文字(全文2637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 鉄パイプ落下 男性死亡 歩行中、頭に刺さる 東京・六本木

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです