メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぷらすアルファ

体罰と虐待、境界なし

九州場所の千秋楽、土俵上で頭を下げる日本相撲協会の八角理事長(中央)ら=福岡国際センターで11月26日、矢頭智剛撮影

ぷらすアルファ(α)

 大相撲の元横綱・日馬富士(33)が後輩力士への暴行問題で引退した。角界に限らず、学校でも「指導」に名を借りた体罰が続発し、家庭では「しつけ」と称する児童虐待が後を絶たない。暴力容認論が社会に根強く残るのはなぜだろうか。

 ●角界は社会の縮図

 元横綱は引退記者会見で、後輩力士について「礼儀と礼節がなっていない。それを正し、直してあげるのは先輩としての義務と思って叱った」と述べ、頭をたたいたこと自体は謝罪しなかった。

 「指導のためなら暴力は仕方がないという相撲界の意識は、社会の意識にも通じる。元横綱一人の問題にして…

この記事は有料記事です。

残り2369文字(全文2637文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  2. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
  3. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  4. 神戸・中3自殺 「破棄」調査メモ、「学校内に存在」発表
  5. 拉致被害者 家族に安倍首相「米大統領が早期の帰国明言」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]