メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぷらすアルファ

体罰と虐待、境界なし

九州場所の千秋楽、土俵上で頭を下げる日本相撲協会の八角理事長(中央)ら=福岡国際センターで11月26日、矢頭智剛撮影

ぷらすアルファ(α)

 大相撲の元横綱・日馬富士(33)が後輩力士への暴行問題で引退した。角界に限らず、学校でも「指導」に名を借りた体罰が続発し、家庭では「しつけ」と称する児童虐待が後を絶たない。暴力容認論が社会に根強く残るのはなぜだろうか。

 ●角界は社会の縮図

 元横綱は引退記者会見で、後輩力士について「礼儀と礼節がなっていない。それを正し、直してあげるのは先輩としての義務と思って叱った」と述べ、頭をたたいたこと自体は謝罪しなかった。

 「指導のためなら暴力は仕方がないという相撲界の意識は、社会の意識にも通じる。元横綱一人の問題にして…

この記事は有料記事です。

残り2369文字(全文2637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  5. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです