メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千種ゆり子・お天気みちくさ

日光浴で「冬季うつ」予防を

赤、オレンジ、黄色……。色とりどりの落ち葉が冬の訪れを感じさせる園内を散策する親子連れ=名古屋市中区正木の正木公園で2017年11月24日、片山喜久哉撮影

 日が沈むのがとにかく早くなりました。一年で最も日没が早いのがまさに今の時期です。日の入りが早いのは冬至だと誤解している方もいるようですが、冬至は「昼が一番短い日」のことで今年は12月22日です。日没が最も早い時期とは半月ほどのズレがあります。東京では午後も4時になると早くも薄暗く、太陽の喪失を予感して何となく心細くなってしまいます。

 ちょっと心細くなるくらいなら問題ありませんが、気分が落ち込んで正常な日常生活が送れないくらいになっ…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです