メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

「退位19年4月30日」決定 新元号、来年公表

天皇陛下=代表撮影

 政府は8日の閣議で、天皇陛下が退位される日を2019年4月30日とする政令を決定した。皇太子さまが翌5月1日に新天皇に即位され、新元号となる。天皇の退位は江戸時代の1817年の光格天皇以来、約200年ぶりで、現行憲法下では初めて。

 安倍晋三首相は閣議後の閣僚懇談会で陛下が19年4月30日に退位された後、翌5月1日に皇太子さまが新天皇に即位されると表明。そのうえで「国民がことほぐ中、陛下の退位と皇太子さまの即位がつつがなく行われるよう万全を期す」と述べた。

 菅義偉官房長官は記者会見で、改元の時期について「特段の事情が生じない限り19年5月1日を軸に検討する」と語った。

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. 同性カップル、2府県67市区町が公認 1000組超認定 支援団体「法制化を」

  3. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  4. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです