メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

「退位19年4月30日」決定 新元号、来年公表

天皇陛下=代表撮影

 政府は8日の閣議で、天皇陛下が退位される日を2019年4月30日とする政令を決定した。皇太子さまが翌5月1日に新天皇に即位され、新元号となる。天皇の退位は江戸時代の1817年の光格天皇以来、約200年ぶりで、現行憲法下では初めて。

 安倍晋三首相は閣議後の閣僚懇談会で陛下が19年4月30日に退位された後、翌5月1日に皇太子さまが新天皇に即位されると表明。そのうえで「国民がことほぐ中、陛下の退位と皇太子さまの即位がつつがなく行われるよう万全を期す」と述べた。

 菅義偉官房長官は記者会見で、改元の時期について「特段の事情が生じない限り19年5月1日を軸に検討する」と語った。

 今年6月に成立した特例法では、退位の期日を定める政令を決める前に皇族代表や三権の長らで構成する皇室会議の意見を首相が聴くことを義務づけた。1日に宮内庁で開いた皇室会議では、退位日を19年4月30日とすべきだとの意見案を安倍首相が提案し、会議の意見として決定。これを受けて5日の閣議で菅氏が皇室会議の意見を報告した。

 政府は来年1月に菅氏をトップとする退位や即位の儀式のあり方などを検討する会議を設け、皇位継承に向けた議論を本格化する。

 また新元号の選定作業にも本格的に着手し、国民への周知期間を設けるため18年夏ごろの事前公表を検討している。政府は各界代表による有識者懇談会を開いて元号案を絞り込む議論を行ったうえで、最終的に首相が決定する手続きを想定している。

 新天皇が一代で一度だけ行う大嘗祭(だいじょうさい)は19年11月に行う方向で、その前に各国要人らを招いて内外に即位を示す「即位の礼」を行う。

 退位した天皇は「上皇」、皇后さまは「上皇后(じょうこうごう)」となる。上皇は皇位継承資格を持たない。新天皇の弟で皇位継承順位1位となる秋篠宮さまは、「皇嗣(こうし)」となる。【野口武則】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジェイエア 全国を飛び回る飛行1万時間超の女性機長
  2. サンマ不漁 原因は台湾や中国の乱獲? 日本漁法に問題は
  3. 民進 解党検討 大塚代表、12日に提案へ
  4. 関東鉄道 踏切立ち往生の男性を元レール・メイトが救出
  5. 自民・稲田氏 「再起」に党内冷ややか 1年ぶり勉強会

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]