メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

「退位19年4月30日」決定 新元号、来年公表

天皇陛下=代表撮影

 政府は8日の閣議で、天皇陛下が退位される日を2019年4月30日とする政令を決定した。皇太子さまが翌5月1日に新天皇に即位され、新元号となる。天皇の退位は江戸時代の1817年の光格天皇以来、約200年ぶりで、現行憲法下では初めて。

 安倍晋三首相は閣議後の閣僚懇談会で陛下が19年4月30日に退位された後、翌5月1日に皇太子さまが新天皇に即位されると表明。そのうえで「国民がことほぐ中、陛下の退位と皇太子さまの即位がつつがなく行われるよう万全を期す」と述べた。

 菅義偉官房長官は記者会見で、改元の時期について「特段の事情が生じない限り19年5月1日を軸に検討す…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです