メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立教大チーム

海から蒸発の水、宇宙に広がる 初確認

地球(中央付近の点)を中心に24万キロ以上にわたって広がる水素原子から出た光=立教大提供・共同

 海から蒸発した水が分解してできた水素原子が地球を取り囲むように宇宙を漂い、24万キロ以上先まで広がっている様子を立教大などのチームが超小型探査機で撮影した。地球の直径の約20倍に当たる距離に及んでいるのを確かめたのは世界初という。8日付の米科学誌に発表した。

 太陽系の外の惑星でも、地球のような環境がそろえば周りに水素が広がると予想され、亀田真吾立教大准教授は「惑星に、生命のもととなる海があるかを調べられる」と話している。

 地球の高層の大気中では、水分が太陽の紫外線によって分解され水素原子になる。(共同)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 男性刺殺し逃走 相模原
  2. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
  3. 感謝状 郵便局員が詐欺防ぐ 「お菓子と書け」実はカード
  4. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
  5. ORICON NEWS 赤西仁、現在は「気づいたら365日仕事」、独立して4年の経験を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]