メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民

議連がチケット高額転売禁止新法案骨子 五輪見据え

 自民党のライブ・エンタテインメント議員連盟(石破茂会長)は7日、国会内で総会を開き、コンサートチケットなどの高額転売を禁じる新法案の骨子をまとめた。取り締まりが難しかったインターネット上の「ダフ屋」行為を規制するのが柱。2020年東京五輪・パラリンピックの入場チケットへの適用も見据え、議員立法で来年の通常国会提出を目指す。

     インターネットを通じた転売は数千円のチケットが10倍以上で取引されるなど不当な価格のつり上げが横行しているとして、アーティストらが反対を表明していた。過去の五輪も高値の不正転売が問題となっており、19年からの東京大会のチケット販売開始に向けて法制化が課題だった。

     規制対象になるのは特定の日時や場所、座席の指定▽主催者らによる転売禁止の記載▽主催者等が本人確認などの転売防止策を実施--の3条件を満たすチケット。転売目的で入手することや、定価を超える価格で商売として転売することを禁止する。購入後に都合が悪くなり、転売することは対象外とした。

     罰則は「ダフ屋」行為に対する迷惑防止条例(東京都では6カ月以下の懲役、50万円以下の罰金)などを参考に、今後議論して決める。【松本晃】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
    2. 鳥栖・中1いじめ 謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
    3. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
    4. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
    5. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです