メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民

議連がチケット高額転売禁止新法案骨子 五輪見据え

 自民党のライブ・エンタテインメント議員連盟(石破茂会長)は7日、国会内で総会を開き、コンサートチケットなどの高額転売を禁じる新法案の骨子をまとめた。取り締まりが難しかったインターネット上の「ダフ屋」行為を規制するのが柱。2020年東京五輪・パラリンピックの入場チケットへの適用も見据え、議員立法で来年の通常国会提出を目指す。

 インターネットを通じた転売は数千円のチケットが10倍以上で取引されるなど不当な価格のつり上げが横行しているとして、アーティストらが反対を表明していた。過去の五輪も高値の不正転売が問題となっており、19年からの東京大会のチケット販売開始に向けて法制化が課題だった。

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです