メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

党首討論

今年はゼロ 時間制約、野党も敬遠

党首討論の開催数

 国会の党首討論が2000年の正式導入後、初めて年間に1回も開かれない見通しになった。12年末の安倍政権発足後は軒並み低調だ。45分という限られた時間で論戦がかみ合わないことが多いため、最近は攻める側の野党が敬遠する傾向があり、国会活性化へ見直しを求める声も出ている。【村尾哲】

 党首討論は英国議会を参考に、国会改革の目玉として始まった。05年までは年に5~8回開かれていたが、13年以降は年1、2回に減少。「月1回開催」という14年5月の与野党の申し合わせは空証文にとどまっている。

 最大のネックは1回45分という時間制限だ。討論には「衆参いずれかで10人以上」を満たす野党会派が参…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文997文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]