メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

帝国の慰安婦

著者の有罪不当訴え 韓国で支援団体が発足

 【ソウル大貫智子】慰安婦問題についての著書「帝国の慰安婦」で元慰安婦の名誉を傷つけたとして名誉毀損(きそん)罪で在宅起訴された韓国・世宗大の朴裕河教授が10月、ソウル高裁で有罪判決を受けたのは不当だとして、支援する弁護士らが7日、支援団体の発足を発表した。日韓の有識者ら約100人が名を連ねており、…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. 重由美子さん死去 53歳 五輪ヨット女子470級で日本初メダル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです