メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

住民会議の経験者から議員続々 町政活発に

高台から見た長野県飯綱町=2017年11月30日午後0時1分、和田浩幸撮影

 全国の市町村が議員のなり手不足に悩むなか、長野県北部の飯綱町では10月の町議選(定数15)で新人5人が当選した。このうち4人は、町議会が町民を巻き込んで政策を話し合う「議会政策サポーター会議」などの出身者で、活発な政治参加に注目が集まっている。実情を探るため、リンゴの収穫が最盛期を迎えた町を訪ねた。【和田浩幸】

この記事は有料記事です。

残り2446文字(全文2603文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです