メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋田・青森

海岸で4遺体 漂着木造船とハングル文字も

 7日午前8時50分ごろ、秋田県男鹿市の砂浜に遺体があると住民が110番した。警察官が付近を捜索したところ、遺体は約300メートル離れた砂浜でも見つかった。2遺体はいずれも男性で、身長は160~165センチ。一部が白骨化していた。

     県警によると、同日午前、遺体が見つかった場所からそれぞれ数キロと約10キロ離れた海岸で2隻の木造船が見つかった。うち1隻は全長7.6メートルで、ハングルが書かれた救命胴衣が見つかった。

     一方、青森県深浦町の海岸でも3日と5日に各1人の男性の遺体が見つかった。県警によると、死後1、2カ月経過しているとみられる。同町では12月に入り、船体にハングルなどが書かれた木造船が3隻漂着している。【川口峻、夫彰子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 骨折 自分の骨で固定し治療 手術中ねじに加工 島根大
    2. 重過失致死 スマホ自転車、死亡事故 女子大生書類送検へ 神奈川県警
    3. JR東海 L特急名称廃止 来春のダイヤ改正で表記消える
    4. 世田谷一家殺害17年 遺族ら動画作成、無念伝える
    5. 富岡八幡宮死傷 超格差社会? 神社を巡る意外な事情

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]