メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オリックス

日ハムから移籍の増井が会見「常に全力で」

オリックスで「40セーブ目指す」と意気込む増井=大阪市内の球団施設で2017年12月7日午後4時41分、前本麻有撮影

 日本ハムからオリックスにフリーエージェント(FA)移籍が決まった増井浩俊投手(33)が7日、大阪市内の球団施設で入団会見に臨み「常にキャリアハイを目指している」と意気込みを語った。

     4年契約で、年俸は3年目までが総額9億円で4年目は変動制(金額は推定)。福良監督から「増井が来てくれると試合の計算がしやすい。チームが上にいくために必要」と声を掛けられ、胸を打たれたという。

     増井は東芝から2010年にドラフト5位で日本ハム入り。12年には最優秀中継ぎ投手に輝いた。15年の39セーブが自己最高だが、海外FA権を使って米大リーグへの移籍が有力な平野佳寿が14年にマークした球団記録の40セーブを目標に掲げ、「常に全力でプレーする。球団記録を超えられるようにしたい」と抱負を語った。

     背番号は阪急黄金時代のエース・山田久志氏らが付けた「17」に決まり、「いい番号を用意していただいた。結果で応えないといけない」と気を引き締めた。【前本麻有】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 木村文乃 錦戸亮の“福毛”発見「気になって仕方ない」
    2. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
    3. 米国 上院補選、民主勝利 共和、地盤崩れる セクハラ直撃「番狂わせ」
    4. 都立高入試 話す英語、全国初の公立義務化 検定団体協力
    5. 感謝状 郵便局員が詐欺防ぐ 「お菓子と書け」実はカード

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]