メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

希少価値高まり? 日馬富士グッズが冬巡業で人気

冬巡業で土俵入りを披露する横綱白鵬関=7日、大分県宇佐市

 大相撲の冬巡業が7日、大分県宇佐市で行われ、暴行問題の責任を取って引退した元横綱・日馬富士の関連グッズが飛ぶように売れた。角界を去ったことによって希少価値が高まっているとみられ、九州各地を回っている他の巡業地でも同様の現象が起きている。

     宇佐市の会場に設置されたグッズ店によると、元横綱の手形付き色紙や、しこ名入りの小さな旗などグッズ約200点が、開場から3時間もたたないうちに、いち早く売り切れた。11月中旬の問題発覚前に入荷したそうで、男性店員は「それほど人気のない商品もすぐになくなった。こんなに売れるのは想定外」と驚いていた。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 木村文乃 錦戸亮の“福毛”発見「気になって仕方ない」
    2. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
    3. 米国 上院補選、民主勝利 共和、地盤崩れる セクハラ直撃「番狂わせ」
    4. 都立高入試 話す英語、全国初の公立義務化 検定団体協力
    5. 感謝状 郵便局員が詐欺防ぐ 「お菓子と書け」実はカード

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]