メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

ジュニアGPファイナル 男子SP須本3位

【フィギュアGPファイナル】ジュニア男子SPで演技する須本光希=名古屋市南区の日本ガイシホールで2017年12月7日、宮間俊樹撮影

 フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)ファイナルは7日、名古屋市の日本ガイシホールで開幕し、男子ショートプログラム(SP)は須本光希(大阪・浪速高)がすべてのジャンプを成功させて自己ベストの77.10点をマークし、3位発進した。首位はアレクセイ・クラスノジョン(米国)で81.33点。

     女子SPでは紀平梨花(関大KFSC)が自己ベストを更新する66.82点で4位。アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が73.25点で首位に立った。

     須本光希 (自己ベストを3.92点上回り3位)やっと本番で納得のいくトリプルアクセルを降りられて良かった。気持ちのいいSPだった。フリーも最初から最後まで油断せずにお客さんの心に残る演技をしたい。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 赤染晶子さん42歳=芥川賞作家
    2. 名誉毀損 トイレに知人女性の中傷メモ 看護師の男逮捕
    3. 冬のボーナス 県職員に支給 /埼玉
    4. 中華航空 日本人3人機内で騒ぎ、引き返し
    5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]