メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

ジュニアGPファイナル 男子SP須本3位

【フィギュアGPファイナル】ジュニア男子SPで演技する須本光希=名古屋市南区の日本ガイシホールで2017年12月7日、宮間俊樹撮影

 フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)ファイナルは7日、名古屋市の日本ガイシホールで開幕し、男子ショートプログラム(SP)は須本光希(大阪・浪速高)がすべてのジャンプを成功させて自己ベストの77.10点をマークし、3位発進した。首位はアレクセイ・クラスノジョン(米国)で81.33点。

     女子SPでは紀平梨花(関大KFSC)が自己ベストを更新する66.82点で4位。アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が73.25点で首位に立った。

     須本光希 (自己ベストを3.92点上回り3位)やっと本番で納得のいくトリプルアクセルを降りられて良かった。気持ちのいいSPだった。フリーも最初から最後まで油断せずにお客さんの心に残る演技をしたい。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 警視庁 TBSを厳重注意 「芸人連れ去り」に通報相次ぐ
    2. 旧海軍潜水艦 「呂500」が若狭湾で発見か 独から譲渡
    3. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
    4. 大阪震度6弱 女児通夜、泣き崩れる児童も
    5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]