メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレー

来秋の世界選手権 日本女子初戦はアルゼンチン

 来秋に日本で開催されるバレーボール女子世界選手権の組み合わせ抽選会が7日、東京都内で行われ、世界ランキング6位の日本は9月29日の1次リーグA組初戦で同11位のアルゼンチンと戦うことになった。その後、オランダ、メキシコ、カメルーン、ドイツの順に顔を合わせる。A組は横浜アリーナが会場となる。

     日本開催は、銅メダルを獲得した2010年以来。中田久美監督は「わくわくとプレッシャーと複雑な思い。1次リーグは全勝で進みたい。戦闘モードに入る」と気持ちを高めた。同監督は20年東京五輪を見据え「大事な大会」と位置づける一方で、代表選考に幅を持たせる可能性も示した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福井・あわら市長 「キス相手」を告訴へ 恐喝未遂容疑で
    2. 東シナ海 中国軍機が日韓防空圏進入 韓国空軍、緊急発進
    3. フィギュア 羽生結弦が全日本選手権を欠場 連盟が発表
    4. 訃報 丸本義直さん55歳=進和常務
    5. リニア不正受注 大手ゼネコン一斉捜索へ 大林以外3社も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]