メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

選手会定期大会で西武・炭谷を新会長に選出

プロ野球選手会の新会長に就任した西武の炭谷銀仁朗=大阪市中央区で2017年12月7日、大西岳彦撮影

 労働組合・日本プロ野球選手会は7日、大阪市内のホテルで定期大会を開き、5期5年務めた楽天の嶋基宏会長(32)に代わる新会長に、副会長だった西武の炭谷銀仁朗捕手(30)を選出した。任期は1年。労組選手会長では9代目で、パ・リーグ所属は2代連続。炭谷新会長は「大先輩方がずっとやってこられた選手会を、少しでも良いものにしたい。全力で取り組んでいきたい」と抱負を語った。

 炭谷新会長は京都・平安高(現龍谷大平安高)から2005年の高校生ドラフト1巡目で西武に入団。ワール…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文561文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  3. 服のにおい女性に嗅がせた51歳男逮捕
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです