メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

GPファイナル 宇野がSP2位発進

【フィギュアGPファイナル】男子SPで演技する宇野昌磨=名古屋市南区の日本ガイシホールで2017年12月7日、宮間俊樹撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズで各種目上位6人が争うGPファイナルは7日、名古屋市の日本ガイシホールで開幕した。男子ショートプログラム(SP)は宇野昌磨(トヨタ自動車)が最後のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒して101.51点で2位発進となった。ネーサン・チェン(米国)が103.32点で首位。ミハイル・コリャダ(ロシア)が99.22点で3位。フリーは8日にある。

     樋口新葉(東京・日本橋女学館高)、宮原知子(関大)が登場する女子はSPが8日、フリーは9日に行われる。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
    2. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが
    3. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
    4. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
    5. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです