メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

宇野、最後のジャンプ転倒 GPファイナル

男子SPの演技を終えて舌を出して悔しがる宇野昌磨=名古屋市南区の日本ガイシホールで2017年12月7日、宮間俊樹撮影

フィギュアスケートのGPファイナル(7日、日本ガイシホール)

 羽生のいない、地元開催のGPファイナルで、宇野は期待を一身に集めた。温かい声援を受けて演じたが、最後のジャンプで転倒。演技後は舌を出した。

 ただ「久々に緊張しなかった」という。GPシリーズでは調子が良いと言えなかった4回転フリップ、4-3回転の連続トーループはきれいに降りた。だが、両足のつま先を外側に向けて横方向に滑るイーグルからのトリプルアクセル(3回転半)。跳んだ瞬間…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]