火星

一番乗り、火花散る ボーイング「組み立て段階」VSスペースX「やってみな」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米航空機大手ボーイングが進める宇宙ロケットの開発現場=同社ホームページから
米航空機大手ボーイングが進める宇宙ロケットの開発現場=同社ホームページから

 【ワシントン清水憲司】人類初の火星着陸を目指し、米航空機大手ボーイングと米著名起業家のイーロン・マスク氏が「一番乗り」を競い合っている。

 ボーイングのデニス・マレンバーグ最高経営責任者(CEO)は7日、米CNBCテレビの番組で、米航空宇宙局(NASA)と共同開発する宇宙ロケットが組み立て段階にあり…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集