メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖音楽祭

第2回、来年5月に開催 スポーツと文化をつなぐ 大津で /滋賀

第2回びわ湖音楽祭について説明する琵琶湖周航の歌100周年記念事業実行委員会代表の嘉田由紀子前知事(中央)ら=県庁で、北出昭撮影

 「琵琶湖周航の歌」誕生100周年を記念した「第1回びわ湖音楽祭」を今年6月に主催した「琵琶湖周航の歌100周年記念事業実行委員会」は5日、第2回びわ湖音楽祭を来年5月20日、大津市和邇高城(わにたかしろ)の和邇文化センターで開催すると発表した。第1回同様、「琵琶湖周航の歌」を歌って全国に広めた加藤登紀子さんがプロデュースする。

 歌の2番「雄松が里の乙女子は」にちなみ、大津市北部の近江舞子に近い和邇地区が選ばれた。第1回会場の…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文577文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS B’z松本孝弘の愛用ギター、SNS情報提供で無事発見 20年ぶり本人の元へ
  2. ことば 健康保険組合
  3. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  4. 人材派遣健保 解散検討 最大の48万人協会移行
  5. 全国のコープ 生協健保組合が解散検討 16万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]