メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖音楽祭

第2回、来年5月に開催 スポーツと文化をつなぐ 大津で /滋賀

第2回びわ湖音楽祭について説明する琵琶湖周航の歌100周年記念事業実行委員会代表の嘉田由紀子前知事(中央)ら=県庁で、北出昭撮影

 「琵琶湖周航の歌」誕生100周年を記念した「第1回びわ湖音楽祭」を今年6月に主催した「琵琶湖周航の歌100周年記念事業実行委員会」は5日、第2回びわ湖音楽祭を来年5月20日、大津市和邇高城(わにたかしろ)の和邇文化センターで開催すると発表した。第1回同様、「琵琶湖周航の歌」を歌って全国に広めた加藤登紀子さんがプロデュースする。

 歌の2番「雄松が里の乙女子は」にちなみ、大津市北部の近江舞子に近い和邇地区が選ばれた。第1回会場のびわ湖ホール大ホール(定員1800人)に比べ、同文化センターは定員500人と狭いこともあり、屋外での楽器演奏やスポーツイベントなどを「第1部」と位置付け、「第2部」を文化センターで開く予定で準備を進めるという。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. 死刑執行、被害者遺族へ通知 21日から法務省 希望者が対象

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです