メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「大将軍駅」の高尾ビル

基礎くい抜けず、跡地利用に難題 鋼材が地中で曲がる 姫路 /兵庫

解体工事で引き抜かれた高尾ビルの基礎くい。H型の鋼材が変形している=兵庫県姫路市提供

 JR姫路駅に近く、内部をモノレールが貫通する珍しい構造のビルの解体工事で、地中に埋められた基礎くい196本が地中で曲がるなどし、引き抜けなくなっている。市は「新たなくいが打てず、大規模建物が建てられない」と困惑する。市は8日、市議会総務委員会で、跡地利用方法として観光バスの駐車場としての活用を検討していると明かした。

 ビルはJR姫路駅から西へ約800メートルの住居や商店が混在する一角にある「高尾ビル」。鉄筋(一部鉄…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文807文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  4. 参院選 21日に投開票 「改憲勢力」維持は厳しい情勢
  5. 宮田恒男遺作展 没後見つかった絵画50点 “青年”が生きた証し 山口 /山口

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです