メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法15年 介助犬育成に支援を 西宮のNPO、神戸で呼びかけ /兵庫

PR犬と一緒に介助犬への理解や支援を呼びかける兵庫介助犬協会のスタッフやボランティア=神戸市中央区で、高尾具成撮影

 阪神大震災の犠牲者の鎮魂と復興への希望を光に託す「神戸ルミナリエ」が8日始まったことにあわせ、NPO法人・兵庫介助犬協会(西宮市)が、神戸市中央区の「神戸元町商店街」東口で支援を呼びかけた。

 介助犬の育成や普及・啓発に取り組む同協会は、育成した介助犬を身体障害者へと無償で貸与する活動を続けている。この日は、PR犬の「みらい」(ラブラドルレトリバー雄・6歳)と「プリモ」(同・3歳)が協会スタッフやボラン…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 国連事務総長が声明「核なき世界へ重要な一歩」 核兵器禁止条約発効

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです