メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

御坊市立御坊小学校 道徳教育研究発表会 授業の進め方や教材示す /和歌山

道徳の公開授業をする林育史教諭=和歌山県御坊市薗の市立御坊小で、山本芳博撮影

 「道徳の時間」が来年度から小学校で、再来年度から中学校で、教科の「道徳科」に格上げされるのを前に、授業の進め方を示す「道徳教育研究発表会」が今月1日、御坊市薗の市立御坊小学校(弓倉正啓校長、児童数336人)で開かれた。東京や沖縄など県内外から約230人の教育関係者が参加した。

 同小や御坊中学校は今年度までの3年間、県から「道徳教育の抜本的改善・充実に係る支援事業」の研究校に指定され、同小は年間35時間の指導計画を立て学習指導過程の構築に取り組んできた。初年度に児童や保護者、教諭にアンケートを実施し、道徳教育で育てたい子ども像を「生命の尊さ」「節度・節制」「親切・…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. インスリン使わぬ1型糖尿病治療法 名大グループが発見 臨床応用へNPO資金提供

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです